about

http://hasamiyaki-fukuharu.com
波佐見焼伝統工芸士 福春

--------------------------------
プロフィール
--------------------------------
福重久弥  日本伝統工芸士会所属
1952年 長崎県生まれ。
無形文化財 中村平三氏に師事。
2000年(平成12年)伝統工芸士に認定。
・経済産業大臣指定伝統的工芸品 波佐見焼 ロクロ成形部門 
2001年(平成13年)築窯。
国内各地の展示イベントに出展。

賞歴
・県展 九州山口陶磁展 入選・入賞
・九州山口陶磁展 産業部門3位
・長崎陶磁展 一席・知事賞 二回

--------------------------------
「波佐見焼」について
--------------------------------
波佐見焼が焼かれている「波佐見町」は、長崎県と佐賀県の県境にあります。
江戸時代から大衆向けの食器を大量に焼いてきた陶芸の街です。
素朴な風合いは、当時の人々からも受け入れられていたと言われています。
(江戸時代の遺跡から出土する磁器の大部分は波佐見焼と推察されるとも言われています)

多くの波佐見焼は「鋳込み」という、石膏型に「陶石」を砕いた粉を溶かした液体を流し込む方式。
同じ形の焼き物を、一度にたくさん作ることができ
分業制で、何人もの人が工場で作ります。日本全国、多くのお店で買うことができます。

<福春>の波佐見焼は、これとは異なり、
1つ1つ、ろくろを廻して1から10まで作陶しています。

「陶石」をこねて土にしたものを、ろくろで廻し、素焼きしたあと、釉薬をかけてさらに2000度以上の窯で焼きあげる。
高熱の窯の中で、多くは割れたり、凹んだりしてしまいます。
みなさんの手に渡るのは、高熱の中で生き残った、少数精鋭の作品たちです。

みなさんのお手元に行った際は、ぜひ、大切に使っていただけると、嬉しく思います。

波佐見焼伝統工芸士  福春
FUKUHARU ONLINE
http://hasamiyaki-fukuharu.com

facebook&instagram → → →